新型コロナウィルスに感染してしまった結果、自身の世界タイトルマッチが中止となってしまった京口紘人選手が、自身のYoutubeチャンネルにて謝罪動画を投稿しました。一時は引退も頭によぎったと話す京口選手に対して、コメント欄は激励と安堵の声で溢れかえっていた。今回の対戦相手のタノンサック選手は年内まで滞在可能ということなので、ワタナベジムが年内開催の可能性を模索している模様。