スクリーンショット 2019-10-01 21.48.27


 WBAライトフライ級スーパー王者の京口紘人が挑戦者久田哲也を12R判定で下し2度目の防衛に成功した。1Rから12Rまで手数の多くスリリングな打ち合いで、序盤から両者共にクリーンヒットを奪いグラつく場面があったが、9Rに王者京口が久田から右のダブルでダウンを奪い、久田にダメージを与えた。その後も、若さと勢いで勝る京口は手数を出し続け、久田の体力を奪い、最終的には、3〜6ポイントの差で判定勝ちを引き寄せた形だ。とても、素晴らしい試合だっただけに、TVの地上波がなかったことが非常に悔やまれる。そういうとこだぞTBS!


以下、ネットの反応