ファイト速報 ボクシングブログ

ボクシングを中心とした格闘技系のブログ

    2021年02月

      このエントリーをはてなブックマークに追加




     WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ ミゲール・ベルチェルト VS オスカル・バルデスの試合は、挑戦者のバルデスが終始試合をコントロールし、3度のダウンを奪い、10RTKOで勝利した。1Rから積極的に攻勢をかけられなかった事に加え、4Rに、側頭部に左フックをもらい、畳み掛けられロープダウンを招いてしまった。中盤以降回復の兆しも見えたが、バルデスのスピードとテクニックに翻弄され続け、9Rには右アッパーをもらった後、連打を浴びてダウン。選択肢がほぼ無くなったベルチェルトは前に出続けるしかなかった。しかし、そこを狙われ、10R終了間際に左フックをもらい失神TKO負けとなった。激闘王同士の試合は、バルデスの作戦勝ちという結果となった。















    やはり、予想外の結果と見てる人が結構多かった模様。

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     ガーナ出身の元IBF世界ライト級王者のリチャード・コミーがドミニカ共和国出身のWBA世界ライト級6位のジャクソン・マリネスを6RTKOで下し、見事、再起戦を飾った。現4団体統一王者のテオフィモ・ロペスに負けて以来の試合で、世界ランカー相手に圧倒的な勝利を見せつけた。


    このページのトップヘ