WBC世界バンタム級1位で山中慎介を2度KOした悪童ルイス・ネリが、井上に1R70秒KOで破れたファン・カルロス・パヤノを9RTKOで下した。スピードと手数で序盤はパヤノがリードしていたかに見えたが、徐々にパンチ力で勝るネリが圧力をかけていくと、パヤノがロープ際に追いやられる場面が多くなった。しかし、技巧派のパヤノは決定打をもらわなかったため、このまま判定までもつれこむかと思われたが、9Rにネリが接近戦で強烈なボディを炸裂させると、パヤノはダウン。パヤノは立ち上がることができず、試合が終了した。

以下、ネットの反応