ファイト速報 ボクシングブログ

ボクシングを中心とした格闘技系のブログ

    タグ:芹那

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     ラファエルやヒカルなどともコラボ経験がある自称富豪Youtuber芹那こと近藤桃子被告が、自身のYoutubeチャンネルの動画を全て削除し、今度はFacebookへと活動の場を移していたことが判明。芹那こと近藤被告は、低リスクでハイリターンが得られるマザーギフトと称したFX情報商材を高額で売りつけ、購入者達にリターンを返さなかったとして、多くの被害者を出し、現在も裁判で係争中である。近藤被告はYoutubeに詐欺の証拠になると思われる動画を自身のチャンネルから消して、現在はYoutube活動は一切行っていない様子。


    ラファエルと共演していた近藤桃子被告

    情報商材絡みの被告人の多くが海外へ逃亡する傾向があり、現在、芹那こと近藤被告が日本に留まっているのか甚だ疑問ではある。そんな彼女が現在何をやっているのか調べてみると、活動の舞台をFacebookに移しているようだ。



    スクリーンショット 2019-06-01 16.00.06
    LINE@に誘導して、商材を売っていると思われる

     彼女は自身をIT会社経営者と名乗り、Facebookで無作為に友達申請をし、友達を増やしては、自身のアカウントを醸造しているようだ。現在、裁判の被告人であることを知らずに、引っかかってしまう人も多いようで、安易に友達申請を許可しているアカウントが多数存在した。


    スクリーンショット 2019-06-01 16.06.19
    Youtuber時代の芹那


    スクリーンショット 2019-06-01 16.05.28
    Facebookの芹那

    また、Facebook上に投稿されている芹那の写真がYoutuberの頃と比べて、顔が違うようにも見えるため、整形した可能性も出ている。

    多くの被害者を出している芹那の裁判がこれから刑事事件に発展していくのか?それとも、情報商材はやはり刑事事件として裁くことはできないのか?被害者たちは果たして救われていくのか?今後に注目。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     仮面Youtuberのラファエルや元情報商材屋でヒカルとも動画内でのコラボ経験がある自称・富豪Youtuberの神崎芹那が「マザーギフト」なる胡散臭い儲け話を動画で紹介した結果、騙された人が複数人いたようで、民事裁判にまで発展し、芹那を含めて4人が被告人として訴えられています。そんな芹奈が自身のYoutubeチャンネルの動画を全て削除し、証拠隠滅を図って逃亡を計画している可能性が浮上しています。

     どういう事件が噛み砕いていうと、少額の投資で、一流のトレーダーが資産を運用して、数十〜数百倍になって返ってきます!と誰がこんな話に騙されるんだ?自称・神崎芹那がこのマザーギフトを紹介する動画の中で、泣きながら、みんなに儲かって欲しいと力説する姿は滑稽そのものだったが、それでも、騙される人間がいるのとは・・・詐欺がなくならないわけだ。
     今年の3月5日に、近藤桃子を含めた4人を被告に口頭弁論が行われたようですが、被告のうち、近藤桃子、正岡美名は訴状を受け取ったようだが、情報商材の上の連中と思われる正岡元樹、中戸大修の2人はすでに海外へ逃げていると思われ、すでに裁判の訴状が届かない様子。今後、この裁判がどのように進展していくのか?刑事事件にまで発展するのか非常に注目なのだが、テレビマスコミなどの大手メディアが情報商材界隈を一切糾弾しようとしないのが不思議でならない。割と面白いネタなので、テレビ受けもしそうなものだが・・・

    仮面Youtuberラファエルが 近藤桃子被告とコラボした際の動画

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     仮面Youtuberラファエルとコラボした経験もある自称富豪Youtuberの芹那こと近藤桃子さんが集団訴訟を起こされて、裁判の被告人として法廷デビューしていたことが判明いたしました。

    近藤桃子被告はYoutube上で富豪Youtuberとして、自身が大金持ちであるアピールする動画を数々投稿していました。しかし、動画で使われていた札束が仮面Youtuberのラファエルが使用していた札束の記番号が完全に同じだった事から、芹那こと近藤桃子被告は富豪ではないという指摘がネット上ではなされていましたし、自身のTwitterから友人のタワーマンションから撮影した夜景の写真を投稿していましたが、それも別の投稿者から無断でパクっていたことが判明し、問題のツイートも秒速で削除するというお粗末な失態を披露。また、過去には情報商材系の動画で本名の近藤桃子として出演していたこともあり、金持ち設定を貫くにはかなり無理がある人物でした。

    そして、そんな彼女が投稿して、今回の集団訴訟に繋がるきっかけとなった動画が「マザーギフト」というなんとも胡散臭い動画でした。近藤桃子被告がアップロードしていた動画はすでに自身によって削除されていましたが、コピーがYoutube上でいくつか残っているので、時間がある人は見てみるといいと思います。10分以上視聴するのは困難なレベルで胡散臭い動画です。



     このクソ長い動画の内容を物凄く簡単に説明すると「ちょっとの初期投資で毎月何倍にもなってお金が返ってきますよ。」という内容です。これに騙される人間もどうかと思いますが、実際に被害にあった人がいて集団訴訟に発展したわけです。原告の人数は不明ですが、被告は芹那こと近藤桃子、正岡元木、正岡美名、中戸大修の4名で全員が情報商材界隈の人間だと思われます。簡易裁判ではないので、判決が出るのはまだ先になるようですが、今後、刑事事件に発展するか注視していきたい。

    マスコミももうちょっと、この裁判に関心持ってもいいのでは?


    このページのトップヘ