ファイト速報 ボクシングブログ

ボクシングを中心とした格闘技系のブログ

    タグ:細川バレンタイン

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     モンスター井上尚弥&拓真選手の従兄弟でもあり、TVアニメ「盾の勇者の成り上がり」のヒロインのラフタリアちゃん(小)にご執心の井上浩樹選手が、4月5日後楽園ホールで行われた日本スーパーライト級王者の細川バレンタインに挑み、3-0の判定で日本タイトルを獲得した!

    【関連】ラフタリアちゃんが成長してしまった事を悲しむ井上浩樹さん



     試合は序盤互角の展開が続いていたが、試合途中の公開採点後に挑戦者の井上浩樹がわずかにリードしていると告げられると、テクニックで王者を翻弄し、ポイントを稼いでいき、3人のジャッジそれぞれが97-93、98-9、98-92と4ポイント以上の差をつけて井上浩樹を支持した。これにより、井上浩樹の戦績は13戦全勝10KOとなり、世界ランク入りも現実味を帯びてきた。世界の中重量級は強豪ぞろいが多い上に、課題もある、楽な道ではないが、日本人初のウェルター級世界王者誕生も決してありえない話ではないはずだ。アニヲタ最強ボクサー井上浩樹の今後に注目だ!

    以下、ネットの反応









      このエントリーをはてなブックマークに追加
    2019-02-06 15.28.15 のスクリーンショット

     モンスター井上直弥のいとこで、日本スーパーライト級1位でもあるプロボクサーの井上浩樹選手がTVアニメ盾の勇者成り上がりのキャラクター ラフタリアちゃんにご執心であることがわかった。井上選手は元々、アニメ大好きでオタクであることも公言しているので、それほど意外ではないのだが、4月には日本スーパーライト級王者の細川バレンタインに挑戦することが決定している指名挑戦者がラフタリアにご執心というのもギャップを感じる人も多いのではないだろうか?

     

    ちなみに、井上選手がご執心のラフタリアとは、TVアニメ「盾の勇者成り上がり」に登場するヒロインで、盾しか扱えない主人公に変わって戦闘を行う亜人の奴隷である。人間よりも成長が早いアニメ3話目にはほぼ大人に近いくらいビジュアルになってしまう。小さい女の子が大好きな井上選手がどうやら、それが気に入らなかったようで、「頼むから成長しないでくれ・・・」と切実な思いをツイートしてしまったようだ。12戦12勝11KO無敗の好成績をキープしているボクサーとは思えないですね。

    そして、そんな井上浩樹選手が挑む細川バレンタイン選手は37歳のベテラン。日本人とナイジェリア人のハーフで、外資系の金融会社に務めるエリートでもある。実力はかなり高く評価されていたものの、タイトルマッチになると勝てず、無冠の時代が長かった選手。2017年にようやくタイトルを勝ち取り、2度の防衛に成功している。特に、初防衛戦のデスティノ・ジャパンとの勝負は手に汗握る名勝負で後楽園ホールを大いに沸かせた。

    人間的にもとても魅力的な二人が戦う日本スーパーライト級タイトルマッチは4月6日に行われる予定。


    このページのトップヘ