ファイト速報 ボクシングブログ

ボクシングを中心とした格闘技系のブログ

    タグ:比嘉大吾

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    比嘉大吾 勝利者インタビューの様子

     日本人初の体重超過で世界タイトルを剥奪された比嘉大吾さんが、2年ぶりのリングで見事KO勝利を果たした。相手はフィリピンのジェイソン・ブエナオブラというかませ犬ではあったが、6Rに2度のダウンを奪いTKOで勝利を手にした。しかし、比嘉と陣営は今回の試合内容には納得いっていないようで、「このままモチベーションが上がらなかったらやめようと思うし、いろいろ考えます」と現役引退にも含みを持たせた。まだ24歳で、肉体的には全然余裕なはずなので、個人的には続行してまた世界のベルトを巻いて欲しいとは思うが、気持ちが追いつかなったら、どうしようもない・・・。

    そんな比嘉大吾の試合はフジテレビ系列で土曜日の深夜に放送予定。どんな試合内容だったのかチェックしたい人はお見逃しなく!


      このエントリーをはてなブックマークに追加

     比嘉大吾を育て2017年には最優秀トレーナー賞を受賞した野木丈司トレーナーが所属していた白井具志堅ジムを離れていたことが、スポーツニッポンの取材でわかった。比嘉のライセンスが停止され、復帰が期待されている中、白井具志堅ジムとJBCに復帰予定を聞いてみると、比嘉の担当をしている野木丈司トレーナーが白井具志堅ジムから離れてしまったようだ。

    スクリーンショット 2019-09-22 19.42.55



     白井具志堅ジムのウェブサイトで確認してみると、確かに野木トレーナーは在籍しておらず、トップページにはトレーナー募集告知が掲載されている。野木トレーナーはボクサー以外の指導もしているため、フリーになったか、それとも独立して新しいジムを立ち上げるかどうか不明だが、比嘉大吾が野木トレーナーに付いていくのかどうかも気になるところだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     15日  WBC世界フライ級タイトルマッチは体重超過に王座を剥奪された元王者の比嘉大吾と挑戦者で同級2位のクリストファー・ロサレスによって争わた。本試合は挑戦者が勝った場合、新王者として認定されるが、比嘉が勝った場合は王座は空位となる。汗が一滴も出ないほど体調を崩していた比嘉は、今までのような勢いは一切なく、挑戦者のロサレスに打ち負け後退させられる場面が幾度となく続いた。要所要所で、ボディブローでロサレスにダメージを与えた比嘉だったが、それ以上にロサレスの左右アッパーのアッパーを多くもらってしまっていた。8Rには後半にはクリーンヒットをきっかけに果敢に打ち合いに行った比嘉だったが、ロサレスに打ち返されると比嘉は一気に失速した。8R終了の公開採点で、2-0にまで追い込まれ、逆転KOしか残されていなかった。9Rは挑戦者に良いように打ち込まれる。この時点で比嘉には、ロサレスを倒すだけの体力が残っていなかったようで、9R途中で陣営が棄権を申し出て試合は終了した。

    これにより、比嘉はキャリア初黒星になった上、連続KO記録更新も果たせずに終わった。数週間以内に、体重超過の比嘉に対して何らかの処分が行われるだろうが、ライセンス停止中に腐らずに肉体改造をして、新しい階級で新たな比嘉大吾をファンに見せてほしい。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     日本人としては前代未聞の体重超過により世界王座を剥奪された 前WBC世界フライ級王者の比嘉大吾は、15日の試合が終わったら、勝ち負けに関わらず日本ボクシング協会からライセンス停止処分を受ける可能性が出てきた。同協会の安河内剛事務局長は「日本選手の試合でも体重超過が出ており、抑止のために厳罰化していく」とコメントし、ライセンス停止期間は最低半年以上になるものと思われる。ライセンスの停止となったボクサーは試合はもちろん試合に関する交渉も禁止されるため、比嘉は一年以上は王座復帰が遠のく形になりそうだ。 試合当日の計量にクリアした比嘉の試合はフジテレビ系列で8時から全国放送される。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     15日のWBC世界フライ級タイトルマッチの前日計量が行われ、王者の比嘉大吾がまさかのウェイトオーバーにより、王座が剥奪された。日本人世界王者としては初めてのウェイトオーバーでの剥奪だ。2時間の猶予を与えられた比嘉だったが、体を動かしても一切汗が出ない状態らしく、再計量をせずにギブアップを申し出た。比嘉が所属する白井具志堅ジムの会長の具志堅用高会長は「重大なことが起こりました。本当に申し訳ありません」と記者たちを前に深々と頭を下げた。なお、15日の試合は当日計量が行われ、55.3kg以下であれば試合が行われる見通しだが、比嘉が再計量をクリアできなければ、試合は行われない。

    もし、試合が行われた場合は、連続KO記録の日本記録更新は可能となるが、仮にKO勝利して記録を更新したとしても、体重超過をしたため、ケチがつく形となり、各方面から異論が噴出する可能性もある。

    才能もあり、真面目な選手だっただけに、こういう形で王座剥奪になり、キャリアに傷が付いてしまったことは非常に残念だ。

    このページのトップヘ