警視庁機動隊所属でアマチュアボクシングのエリートで来年のプロ転向予定の杉田大祐選手が、昨日、7度目の防衛に成功した井上尚弥選手とのスパーリング動画を自身のTwitterで公開。アマチュアでは140戦以上のキャリアを誇る杉田選手だったが、井上選手とのスパーリングではパワー負けし、ガード越しの強烈なパンチを打ち込まれると、何度か膝をつく場面があった。

杉田選手自身も井上選手のパワーに相当驚いており、プロ転向後は、井上選手のような名王者になれるようになりたいと強く誓った。


杉田選手は来年 B級ライセンスのテストを受験後、本格的にプロボクサーとして活動し、ワタナベジムから世界を目指す予定。 がんばれ!杉田選手!