ファイト速報 ボクシングブログ

ボクシングを中心とした格闘技系のブログ

    タグ:井上拓真

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     オーバーウェイトとドーピングの反則によって、当時のWBC世界バンタム級王者の山中慎介を2度もKOで破ったメキシコの悪童ルイス・ネリを覚えているだろうか?ネリは山中戦のオーバーウェイトによってタイトルを剥奪され、ライセンス停止処分を受けていたが、昨年の秋には復帰しており、WBC世界バンタム級のシルバー王座を獲得し、現在はランキング1位に返り咲いているのだ。人間としては褒められないが、やはり強さは本物なのだろう。そんなネリが1位になったことで、事実上、次の指名挑戦権を獲得している状態で、暫定王者の井上拓真と正規王者のウーバリとの対戦の可能性が濃厚となっている。2019年内には正規王者と暫定王者の統一戦が行われるはずなので、その勝者とネリが対戦すると見られている。昨年、10月のカノイとの試合では、カノイにほとんど何もさせずパワーで圧倒し3RTKOで沈めている。個人的には痛快にネリをぶっ飛ばしてもらいたいところだが、ネリは日本では永久追放処分を受けているため、日本では試合ができないため、メキシコかアメリカで試合を実現させるしかないだろう。とはいえ、王座統一戦をクリアすることが絶対条件なので、まずはウーバリに勝ってもらいたいところだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     山中慎介を2度KOした悪童ルイス・ネリがタイトルを剥奪されて以降、長らく正規王座が空位の状態が続いてきたWBCバンタム級だったが、1位と2位の正規王座決定戦がラスベガスで行われた結果、1位のノルディ・ウーバーリが2位のラウシー・ウォーレンを判定で下し正規王者がようやく誕生した。試合は、ウーバーリが積極的に手数を出し続け、いつもより精彩を欠いていたウォーレンに良いところを出させず、3−0の判定で勝利を掴み取った形だ。現在、WBCバンタム級は昨年12月に暫定王者の井上拓真が誕生しているため、年内に正規王者のウーバーリと井上拓真との2者で王座統一戦が行われる見込み。海外でも知名度の高い井上尚弥の弟ということもあり、アメリカでの王座統一戦の可能性もありそうだ。


    このページのトップヘ