2019年の日本ボクシング最優秀選手賞を受賞した井上尚弥さんだったが、授賞式に欠席。なんとその理由が、筋肉疲労による発熱だった。主役のいない授賞式では、KO賞・殊勲賞の2つを受賞した村田諒太さんが、代役でスピーチをする結果となった。世界を震撼させるモンスターも発熱には勝てなかったようだ。