日本人の久保隼と松本亮に黒星をつけ、IBFスーパーバンタム級暫定王者の岩佐亮佑との対戦が期待されていたWBA・IBFスーパーバンタム級統一王者のダニエル・ローマンがまさかの王座陥落。ローマンを破り、新王者に輝いたのはWBA1位の指名挑戦者のムラドジャン・アフマダリエフだ。試合はジャッジ泣かせの試合だったのか、2-1で判定がわれる結果となったほどのクロスゲームだった。しかし、印象としては全体的な手数の多さとやや攻勢な戦いぶりが見えたアフマダリエフに軍配が上がったようだ。

真面目な好青年なイメージのあるダニエル・ローマンが王座陥落したことにより、敗戦を惜しむ声も多かった。

ネットの反応