WBAはミドル級の正規王者村田諒太とスーパー王者サウル・アルバレスの2名が君臨しているにも関わらず、暫定王者決定戦を行うことを発表。試合は1階級上のスーパーミドルから下げてきた1位のクリス・ユーバンク・ジュニアと5位のマット・コロボフの両名で行われる予定。正規王者の村田諒太は年末に防衛戦を行う予定、スーパー王者のアルバレスも故障しているわけではない。にも関わらず、WBAが暫定王者戦を実施するのだ。タイトルマッチ乱発によって、莫大な認定料を稼いでいることを各所から批判されているWBAだが、そんなのお構いなしといった様子。



とはいえ、クリス・ユーバンクがベストな階級に戻ってきた印象もあるため、村田諒太との対戦も見てみたいが・・・。