ファイト速報 ボクシングブログ

ボクシングを中心とした格闘技系のブログ

    2019年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット 2019-06-02 14.29.44

     WBC世界ヘビー級王者のワイルダーとの統一戦が期待されていた22戦22勝21KO無敗のWBA(スーパー王座)・WBO・IBF・IBOヘビー級王者 アンソニー・ジョシュアが挑戦者のジャレル・ミラーの代役アンディ・ルイス・ジュニアまさかの躓き。1Rから試合を優勢に進めていたジョシュア、3R序盤にルイスからダウンを奪ったものの、仕留めにかかったところに逆にもらってしまいダウンを奪い返されてしまう。効いているのを見逃さなかったルイスが猛攻をしかけ、3R終盤に再びダウンを奪い、劣勢を一気に跳ね返した。その後、打ち疲れたのか、ルイスが失速。7Rまで大きな動きはなかったが、体力を回復させたルイスが一気にジョシュアに襲いかかり、ダウンを奪う。立ち上がったが、試合は再開したが、ジョシュアは反撃できずに、またすぐにダウン。コーナーに寄りかかり、試合続行の意思を確認したが、ファイティングポーズを取れなかったため、レフェリーが試合続行不能と判断した。

     禁止薬物で出場停止になったジャレル・ミラーの代役アンディ・ルイス・ジュニアがまさかの大番狂わせで、世界中を驚かせてくれた。ボクシングって何がわからないですね。



    以下、ネットの反応











      このエントリーをはてなブックマークに追加


     村田諒太と2度戦ったアッサン・エンダムがミドル級から1階級上げて、WBAスーパーミドル級王者のカラム・スミスに挑戦するも、3RTKO負けを喫し2階級制覇ならなかった。1Rから体格的に劣勢のエンダムはスピードで撹乱を試みるが、スミスの左ジャブと左ボディに開始早々苦しめられる展開。打開しようと前に出た所へ左フックをカウンターでもらい、ダウンを奪われてしまう。2R仕留めにかかるスミスの猛攻をなんとか凌いだが、ダメージが抜けきれず、3R後半に強烈な右ストレートを喰らい、マットに体を強く打ち付けてダウン。立ち上がったが、レフェリーが危険と判断し、試合をストップさせた。


    以下、ネットの反応








      このエントリーをはてなブックマークに追加


     ラファエルやヒカルなどともコラボ経験がある自称富豪Youtuber芹那こと近藤桃子被告が、自身のYoutubeチャンネルの動画を全て削除し、今度はFacebookへと活動の場を移していたことが判明。芹那こと近藤被告は、低リスクでハイリターンが得られるマザーギフトと称したFX情報商材を高額で売りつけ、購入者達にリターンを返さなかったとして、多くの被害者を出し、現在も裁判で係争中である。近藤被告はYoutubeに詐欺の証拠になると思われる動画を自身のチャンネルから消して、現在はYoutube活動は一切行っていない様子。


    ラファエルと共演していた近藤桃子被告

    情報商材絡みの被告人の多くが海外へ逃亡する傾向があり、現在、芹那こと近藤被告が日本に留まっているのか甚だ疑問ではある。そんな彼女が現在何をやっているのか調べてみると、活動の舞台をFacebookに移しているようだ。



    スクリーンショット 2019-06-01 16.00.06
    LINE@に誘導して、商材を売っていると思われる

     彼女は自身をIT会社経営者と名乗り、Facebookで無作為に友達申請をし、友達を増やしては、自身のアカウントを醸造しているようだ。現在、裁判の被告人であることを知らずに、引っかかってしまう人も多いようで、安易に友達申請を許可しているアカウントが多数存在した。


    スクリーンショット 2019-06-01 16.06.19
    Youtuber時代の芹那


    スクリーンショット 2019-06-01 16.05.28
    Facebookの芹那

    また、Facebook上に投稿されている芹那の写真がYoutuberの頃と比べて、顔が違うようにも見えるため、整形した可能性も出ている。

    多くの被害者を出している芹那の裁判がこれから刑事事件に発展していくのか?それとも、情報商材はやはり刑事事件として裁くことはできないのか?被害者たちは果たして救われていくのか?今後に注目。

    このページのトップヘ