ファイト速報 ボクシングブログ

ボクシングを中心とした格闘技系のブログ

    2019年06月

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     Apple Japanが限定公開した「Apple Watch Series 4 — 腕に導かれて — Apple」と題したYoutube動画がほんの少しだけ燃えている。動画はモデルのチバユカさんが、メインキャストとして起用されており、毎日の通勤スタイルをApple Watchで変えていこうという内容なのだが、エレベーターに乗り込んでおきながら、ドアが閉じる前にいきなり降りたり、タクシーを止めたにも関わらず乗らずにさよならするという迷惑極まりない動画だったため、ネット上のごく一部から批判的な意見が出ている。CM上の演出なので、実際にあれをやる人間は流石にいないと思うが、あまり行儀の良いCMではないのは確かかもしれない。

    以下、ネットの反応









      このエントリーをはてなブックマークに追加


     元3団体統一ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキンが、IBF世界ランキング8位のスティーブ・ロールズを相手に再起戦を行い、見事4RKOで勝利した。2Rに、ロールズの左ジャブでゴロフキンの顔が大きくのける場面や左フックを直撃される場面などもあったが、それ以外はほぼゴロフキンが圧倒していたと言っていいだろう。決着の4R、左の強打をロールズの顔面に直撃させ、パンチ力が衰えていない事も証明。被弾してもしっかりと豪快に相手を沈める。ゴロフキンは意外とよく被弾するので、ある意味では、いつものゴロフキン。僅差で破れたアルバレスとの再戦があれば、ぜひとも、見たい気がするが、実現のハードルは高そう。

    以下、ネットの反応










      このエントリーをはてなブックマークに追加


     村田諒太とのリターンマッチを控えているWBA世界ミドル級王者のロブ・ブラントさんが、早くも、WBAミドル級スーパー王者でPFP1位のカネロ・アルバレスとの統一戦を目論んでいる事がわかった。昨年の対決で、村田諒太をほぼ完封し、初防衛にも成功したブラントにとっては村田諒太は取るに足らない存在のようだ。それもそのはず、村田はパンチ力こそ破格だが、手数がトップレベルの選手たちと比べて極端に少ない。前回同様、無難にアウトボクシングをこなしていれば、再び判定で勝てると踏んでいるのだ。手数の少なさは修正するのに時間がかかるため、多くの人間が村田はブラントに勝てないと予想しているだろう。インタビューの中で、ブランとは村田に敬意は持っているものの、実際は全く眼中にないというのが悲しい現実。だからこそ、一泡吹かせて欲しいものだが、個人的には難しい気がする。

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     お笑いコンビ南海キャンディーズの山里亮太と女優の蒼井優の結婚が話題だが、この二人、2018年8月に「全力脱力タイムズ」にて共演しており、その中で、司会の有田哲平から結婚会見のリハーサルと称して、架空の結婚相手とのエピソードなどを無茶振りされていた。その様子を、後の妻となる蒼井優が微笑ましく見ている光景から数ヶ月でまさかのスピード婚とは、山里亮太はすごい!

    ネットの反応





      このエントリーをはてなブックマークに追加


     格闘家の芦澤竜誠さんを世界で一番応援しているYoutubeアカウント抜刀斎が垢バンされてしまったが、数日で彼は再び帰ってきた!K-1運営サイドからの異議申し立てなどで閲覧できなくなってしまった動画もあるが、抜刀斎の作品の中で評判の良かった動画も何本か復活しているようだ。また、抜刀斎の動画が見れるこんな嬉しいことはない。



    「抜刀斎を捲くる」

     しかし、この抜刀斎の復活に喜んでいないのは、芦澤竜誠さん本人である。芦澤竜誠さんは抜刀斎を相当嫌っているようで、自身のインスタライブで、抜刀斎に対して宣戦布告をしていた事が判明した。もちろん、宣戦布告された抜刀斎もチェック済みで、その様子を抜刀斎のチャンネルにもアップされている。リングの外でもバチバチの芦澤さんと抜刀斎って面白いですね!もはや、いいライバルです。

    ただ、芦澤さんの不可解な所は、芦澤さんのダウンシーンを面白おかしく編集した動画で使われていた「オヨネコぶーにゃん」のエンディングをとても気に入っている模様。その根拠として、芦澤さんは自身のアカウントで「オヨネコぶーにゃん」のメロディで替え歌を歌っていた事実も判明している。もしかすると、芦澤さんも抜刀斎のことが好きでたまらないのでは?




    おまけ

    抜刀斎が発掘したキレイな芦澤竜誠


    以下、ネットの反応








    このページのトップヘ