ファイト速報 ボクシングブログ

ボクシングを中心とした格闘技系のブログ

    2018年11月

      このエントリーをはてなブックマークに追加

    diners

     クレジットカードブランドのダイナースクラブの広告記事で広告記事の依頼主である三井住友トラストクラブが記事内に登場する3人の女性秘書たちに責任を押し付けて逃亡した。

     問題の記事はゲーテのウェブメディア版の中の「美人秘書たちの本音トーク炸裂! いま男性が持つべきクレジットカードとは?」という見出しで書かれた記事だ。記事内で3人の女性秘書たちが実名でダイナースクラブカードのブランドを徹底的に持ち上げる内容でいわゆる提灯記事というやつだ。記事内でも、「Sponsored by ダイナースクラブ(三井住友トラストクラブ)」という表記があるため、この種の記事があること自体はさほど問題ではない。炎上している理由はその中身だ。記事は現在削除されているので、魚拓はこちらから確認できる。

    記事内に登場している女性は実在する会社の女性秘書で3人が男が持っているクレジットカードについてあれこれ話をしている内容なのだが、聞くに耐えないレベルのヘイト記事なのだ。


    荒井 通販サイトのカードでいばられてもね(笑)。


    松村 男性が交通系の機能がついたカメラ屋さんのカードで支払っていたときは、気まずく感じてしまって見ないふりをしました(笑)。


    大平 カードの種類とか色とかでその人がわかるとは思えないけど、百貨店とかスーパーとかのカードしか持っていないと、「この人は何にもこだわらない人なんだろうな」と思っちゃう。カードは1枚あればいいやって。向上心とかなくて、何に関しても無頓着な感じがするかも。
    発言内容も本当に今どきの20代後半の女性とは思えないような、かなり凝り固まった価値観に満ちあふれた内容で、一通り、他社ブランドのカードをいじった後に気持ち悪いくらいのダイナースアゲが始まる。 いる内容なのだが、聞くに耐えないレベルのヘイト記事なのだ。


    松村 私の上司はダイナースクラブを使っています。ちょっと地味な印象があるけれど(笑)、落ち着いた大人の印象があります。


    荒井 うちの上司もダイナースクラブ。ゴールドを嬉しそうに出す人のように確かにギラギラしていないし、若くしてダイナースクラブを使っていたら知的できちんとした人、信頼できる人という感じがするかも。


    大平 私、家族カードでダイナースクラブを持ってます。やっぱり他のカードとはちょっと違うかなあ。海外とかでも扱いが変わる気がする。


    松村 ダイナースクラブって審査がすごく厳しいんですよね?


    大平 以前は本当に厳しかったみたい。年齢とか年収だけでなく、勤めてる会社の規模とか勤続年数とか役職とかまでチェックしていたって。でも最近は時代にあわせて、審査基準もだいぶ変わっているみたいだよ。
    上司はダイナースクラブ プレミアム会員だから、コンシェルジュサービスを上手に活用していて、出張の手配とかもダイナースのコンシェルジュに頼んでる。秘書の仕事を減らしてくれるのがすごくありがたい(笑)。


    荒井 ダイナースクラブカードに保険がついてくるのはいいなあ。年2回くらい海外旅行に行けば、元がとれますね。松村 ダイナースクラブは、使える場所が限られているって聞いたことがあるんですけど……。大平 私は困ったことないよ。どこに行っても使える。海外だけでなく国内のコンビニとかタクシーでも使ってるし。


    おまえらは中の人か!と言いたくなるレベルだ。美人秘書があれこれ話すという設定で保険の内容まで言及させるとは・・・ そんなこんなで炎上してったこの記事は広告の依頼主である三井住友トラストが記事の掲載終了を決め、現在は非公開となっている。

    Buzzfeedの取材で三井住友トラスト側は「ゲーテから持ち込まれた提案だっため、企画・制作はすべてゲーテに一任したという。秘書たちの発言については「実際に座談会で出た議論」だったそうで、「当社が誘導や指示等を行ったものではありません」としている。」と記事内に登場した3人の女性に全ての責任を押し付ける形で収束させるつもりのようだ。

    しかし、そうなると、この3人の女性たちは「男をカードブランドで見下すひどい女」と言ってるようなものではないか?これでいいのか?ダイナースクラブ。ダイナースクラブの立場上、「やらせ」や「誘導」「台本」の存在を認められないのは理解できるが、もう少し、この3人を守る形のコメントをしても良かったのではないだろうか?

    なんであれ、ダイナースクラブのブランド価値を下げたのは間違いなさそうだ。

    以下、Twitterの反応











      このエントリーをはてなブックマークに追加


     正式に2度目の引退を表明した亀田興毅さんが、亀田和毅選手の試合を前に今回の興行主の一人と場を借りて引退の挨拶を行った。亀田興毅さんはTFC(TOKYO FIGHT CLUB)のプロデューサーとして、集まってくれたお客さんたちに対して挨拶を行ったのだが、普段、使い慣れていない敬語と真面目な話をしようとしたため、引退に至る経緯の話をするはずが、グダグダで結局何が言いたいのかよくわからない内容になってしまった。亀田興毅さんは今後、三男の亀田和毅選手のサポートに徹し、ボクシング興行としてもっと盛り上げていきたいと豊富を語った。

    亀田さんは「ボクシングをもっともっとメジャーなスポーツにしたい。例えば、キックボクシングといえばK-1。メジャーですよね?総合格闘技といえば、RIZIN。じゃあ、ボクシングと言えば?TFCっていうくらい。一番じゃないと誰の記憶にも残らない。日本で一番高い山 は富士山、じゃあ、二番目は?ねぇ、まぁ、知ってる方もいるかもわかりませんが・・・例えば、日本で一番広い湖は琵琶湖。じゃあ、二番は?」

    と一番の重要性を説いたのだが、いかんせん、話し方がグダグダで聞いているお客さんも完全に飽きてスマホをいじってしまう事態になってしまった。長男は致命的なレベルで話が上手ではないらしい。

    そして、結局、ローマン・ゴンサレスとの交渉経緯などの知りたかった点などはほとんど語られすに、引退の挨拶を終えた。



    以下、ネットの反応



      このエントリーをはてなブックマークに追加


     12日後楽園ホールで行われたWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦は2位の亀田和毅が1位のアビゲイル・メディナを3-0の判定で破り、見事暫定王座を手にした。序盤から亀田は高速の左ジャブとボディーワークでメディナを圧倒。8Rまでの公開採点で3者共に4ポイントの差をつけて亀田を支持。後半戦はメディナが圧力をかけて盛り返すかに見えたが、決定打をもらわず、スピードで逃げ切った。序盤が強く中盤以降失速するある意味ではいつもの亀田和毅であったが、それでも、流石のスピードだった。王座を獲得した亀田は今後、正規王座のレイ・バルガスとの王座統一戦をクリアすることが目標となる。

    以下、ネットの反応










    概ね祝福ムードの模様。3兄弟の長男と次男ような嫌われた存在にはならないでもらいたい。

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     日本人初の4階級制覇を目前に控えたボクシング元世界王者の井岡一翔選手が歌手で女優の谷村奈南さんと離婚した。井岡は公式のSNSアカウントなどを持っていないため、谷村奈南が自身のInstagramのアカウント上で離婚報告を二人の署名付きでアップロードした形だ。父親の反対を振り切って結婚したとも言われている井岡だったが、まさか、2月の披露宴からこんなに早く離婚をするとは・・・。井岡が父親やジム側と揉めている時に何も発信しないことで、本来なら無関係であるはずの谷村奈南に対して悪意のあるバッシングが集中したこともあった。井岡がアメリカでの再起を誓ってからは完全に別居状態となり、離婚は決定的になったのだろう。直近の再起戦にも姿を現さなかったようなので、なんとなく兆候はあった。なんであれ、父親の井岡一法氏が金銭面でしっかりしていれば、ここまで夫婦関係が崩壊することもなかったように思えるが・・・

    とにかく、大晦日の世界戦は勝って、日本人初の4階級制覇を実現して欲しい!


    NANA BEST (DVD付)
    谷村奈南
    SONIC GROOVE
    2011-08-10

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     元3階級制覇のボクシング王者亀田興毅さんが再び現役引退を表明した。亀田興毅さんは5月5日に初黒星の相手でもあるポンサクレック・ウォンジョンカムとプロ戦績とは認められない非公式戦を行いKO勝ちをしていた。その後、引退を撤回し、ローマン・ゴンサレスとの公式戦を熱望していた。しかし、世界ランキングにも入っていない亀田興毅と戦うメリットが全くなかったローマン・ゴンサレス陣営=帝拳は亀田興毅さんを全く相手にせず、元2階級制覇王者のモイセス・フェンテスとの試合を選び、見事KO勝利していた。この勝利で亀田興毅さんの希望は完全に絶たれたと言ってもいいだろう。

    しかし、もし仮にローマン・ゴンサレス陣営がOKしたとしても、十中八九、亀田興毅さんは断ったような気もするが・・・。

    なんであれ、お疲れ様です。

    今後は3男の亀田和毅のサポートに専念するそうです。

    このページのトップヘ