ファイト速報 ボクシングブログ

ボクシングを中心とした格闘技系のブログ

    2018年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加
     かねてから噂されていた井岡ジムの脱税疑惑がついに明らかになった。井岡ジムはチケットの売上や経営する整骨院の所得を過小に申告し、所得税逃れを行っていた。その金額は隠した2億円と合わせて約3億5千万円の申告漏れをしたと見られている。これにより、井岡ジムは追徴課税と従価税合わせて1億円以上を納税する義務が課された。しかし、看板選手だった井岡一翔は昨年末に引退を発表し、父親の元を離れている。世界王者がいない井岡ジムに支払能力があるかどうか疑問である。最悪の場合、ジムを畳む事も有り得るのでは?



      このエントリーをはてなブックマークに追加

     WBCはクリーンボクシングプログラムと称して、WBCの世界王者及び世界ランキング15位に名前を連ねている選手の中で薬物検査を拒否した選手一覧をWebサイトに掲載した。今回掲載された選手の中には、日本人選手も掲載されていた。

    WBCが公表した薬物検査を拒否した選手一覧

    しかし、名前が掲載された選手の一人でもある現IBFミニマム級王者の京口紘人は一切心あたりがないとして、困惑と不快感を露わにしている。検査は抜き打ちで行われるらしいのだが、そうした検査の要請などは一切無かったらしく、何かの行き違いで検査すら行われなかった可能性もある。


    WBCは検査拒否=黒とは認定しておらず、あくまでも、今後検査を拒否する選手が出ないように啓発する狙いがあるようだ。しかし、京口選手のように見に覚えのない例まで掲載されてしまうのはかなり気の毒に思える。

      このエントリーをはてなブックマークに追加


     かつて、The Filipino Flashーフィリピンの閃光ーとまで言われた ボクサー ノニト・ドネアは完全に光を失った。21日のWBOフェザー級の暫定王座決定戦でイギリスのカール・フランプトンと対戦したドネアは終始距離を保つフランプトンを攻略できなかった。接近戦をしかけても、フランプトンに軽くいなされ、遠い距離からのパンチはほとんど空振り。フランプトンが前に出てきた際も、代名詞でもあるドネアの左フックのカウンターも全く当たらなかった。前に出ても、後ろに下がっても、フランプトン相手に全てが不発。試合は終始フランプトンペースで進み、盛り上がりもなく終わり、ジャッジは3者共に6ポイント差でフランプトンを支持。暫定王座はフランプトンの手に渡った。今回の敗戦でドネアは世界戦2連敗となった。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     昨年のIBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチで見事王座を獲得した尾川堅一だったが、王座剥奪により無効試合となる可能性が高くなった。帝拳ジムによると、昨年12月のタイトルマッチの尾川の4日前の検体に筋肉増強剤の反応があり、試合を管轄したネバタ州のボクシングコミッションは尾川に対して半年のライセンスの停止処分とファイトマネーの20%減額を発表した。

    しかし、試合当日の検体では筋肉増強剤の反応はなく、試合後の調査にも協力的だったため、本来の処分よりも寛大な処分が下されることになった。尾川と所属ジムの帝拳ジム側はアトピーの塗り薬に反応があると主張していたが、尾川が提出した薬やサプリメントからは筋肉増強剤の反応は得られなかった。今回の決定により王座剥奪になる可能性が極めて濃厚で、近日中にタイトルは空位になる見通し。

    「グレーではあるが、黒でもなく、白でもない」というおかしな状況で裁定が下ったのは、個人的には納得できないが、尾川と帝拳ジムは裁定を受け入れたようだ。なお、日本国内での処分は不明。

      このエントリーをはてなブックマークに追加

     15日  WBC世界フライ級タイトルマッチは体重超過に王座を剥奪された元王者の比嘉大吾と挑戦者で同級2位のクリストファー・ロサレスによって争わた。本試合は挑戦者が勝った場合、新王者として認定されるが、比嘉が勝った場合は王座は空位となる。汗が一滴も出ないほど体調を崩していた比嘉は、今までのような勢いは一切なく、挑戦者のロサレスに打ち負け後退させられる場面が幾度となく続いた。要所要所で、ボディブローでロサレスにダメージを与えた比嘉だったが、それ以上にロサレスの左右アッパーのアッパーを多くもらってしまっていた。8Rには後半にはクリーンヒットをきっかけに果敢に打ち合いに行った比嘉だったが、ロサレスに打ち返されると比嘉は一気に失速した。8R終了の公開採点で、2-0にまで追い込まれ、逆転KOしか残されていなかった。9Rは挑戦者に良いように打ち込まれる。この時点で比嘉には、ロサレスを倒すだけの体力が残っていなかったようで、9R途中で陣営が棄権を申し出て試合は終了した。

    これにより、比嘉はキャリア初黒星になった上、連続KO記録更新も果たせずに終わった。数週間以内に、体重超過の比嘉に対して何らかの処分が行われるだろうが、ライセンス停止中に腐らずに肉体改造をして、新しい階級で新たな比嘉大吾をファンに見せてほしい。

    このページのトップヘ